【リーアパートメントD】家族やグループでの釜山旅行なら…ホテルより格安&満足!

 

 

釜山旅行の満足度急上昇!3人以上の釜山旅行ならホテルなんか泊ってる場合じゃない!

 

この記事でわかること

満足度激高!?

『リー アパートメント D』のおすすめポイント&注意点

 

今回、ご紹介するのは宿泊施設。

だけど、ホテルじゃないですよっ💦

アパートメント!

 

最近何かと話題の「民泊」のひとつ、日本で言う分譲マンションの1世帯分を、そのままホテル代わりに使える「アパートメント」

結論から言っちゃいますが最高ですよ。

ここ。

 

その分、リピーターの多い釜山旅行(韓国旅行)では、目の肥えたベテラン釜山旅行者による争奪戦もすごいので、皆さんの釜山旅行の予定日に「空室あり」と表示されれば、「即、予約」で後悔はないと思いますよ⤴

 

ご紹介が遅くなりましたが…その物件の名前は

『リー アパートメント D』

 

 

 

あらためまして

『はじめて~釜山~』管理人・伊藤健太です!

 

2019年1発目の釜山旅行で利用させていただいた『リー アパートメント D』 ですが、生活するように泊まれるという点で旅先にいながらストレスフリーさが魅力の宿泊施設。

 

なんせ家電製品は、ほぼ完備ですから。

 

☟『リーアパートメントD』に宿泊した日の旅行記についてはコチラ☟

 

この最大では7名まで泊まれる設定になっていて、友達同士のグループ旅行や大人数の家族での宿泊も対応可能。(というか、むしろ大人数の方がおすすめ)カップル2人での宿泊でも、その広々とした贅沢な空間がラグジュアリーホテルのスイートにでも泊っているかのような気分に。

 

まさに、今、釜山旅行のおすすめホテルを尋ねられたら、必ず候補のひとつにあげる、この『リー アパートメント D』

早速ご紹介をさせていただきます!

 

スポンサーリンク 

【リー アパートメント D】ってどんなホテル?

冒頭にも触れたように『リー アパートメント D』 は通常のホテルではありません。

では、普通のホテルとどういったところが違うのか?まず、そのあたりを中心にご紹介を続けます。

 

【リー アパートメント D】はいわゆる「部屋貸しタイプ」の民泊施設

今回ご紹介します『リー アパートメント D』 は「分譲マンションの部屋貸しタイプ」の宿泊施設。

 

ホテルのような、対面での接客サービスは一切ありませんが、機能的な設備が揃っていることにおいては、ラグジュアリークラスのホテル以上。というより全く別モノと思っていただいた方が良いですね。ホテルとは。

 

一般的なホテルは、生活感をできる限り取り除かれた非日常的な空間を楽しむスペースといったホテルが多いものですよね?

 

しかし、この『リー アパートメント D』のような「部屋貸しタイプの民泊」は、旅先で暮らすように過ごすスペース。ある程度の生活感はでてしまうものの、大型の冷蔵庫や洗濯機、電子レンジなども完備されているケースが多く、それはそれでものすごく便利なのも事実。

 

もちろん今回ご紹介しています

 

1名からでもOK!最大7名まで文句なしの広さ!

 

部屋の広さは55平方メートル。通常のホテルのダブルやツインなどの広さが20~30平方メートル程度が一般的なので、その倍くらいと広さで言えば、ラグジュアリーなホテルのセミスイートくらいの広さは充分にあります。

 

しかも、ロフトもついていて大人数での宿泊の場合は、リビングルームのクイーンサイズ?のダブルベッドとは別に、ロフトスペースに3~5人程度が楽々と寝られるスペースが確保されています。

4~5人は楽々寝られるロフトスペース

『リー アパートメント D』 の最大で7名まで可能な設定ということで、当然、7名に近ければ近いほどコスパ的にはお得になるのですが、グループ旅行の場合のおすすめの人数は4~5名程度=家族旅行に最適!といったところでしょうか?

 

7名マックスで利用するとダブルベッドは2名で利用ということになりますので、グループによっては

「オトコ2人でダブルベッドはちょっと…」

ってなりますよね?

 

そういった意味でおすすめ人数が4~5名といった感じ。

別に全然問題ないよぉ~という方でしたら、7名の定員マックスでも自信をこっておすすめします!

 

添い寝が全く問題ないお子さん連れの家族旅行なら多ければ多いほどおすすめできます。

広さ的には、新婚さんや子供が小さいうちなら、普通にファミリーが生活していくのに不自由もなさそうな広さ。

 

ゆったり泊まれるスイート気分

もちろんカップルでのご利用もおすすめします。

 

室内のインテリアもオーナーがなかなか凝っていらっしゃるらしく、間接照明なども効果的に使っており、そのあたりのホテル以上の雰囲気。広々としたお部屋と相まってちょっとしたホテルのスイート気分も味わえちゃいます!💯

この照明がなかなかのものでした💯

 

生活家電はもちろん食器類などもほぼ完備

『リー アパートメント D』 は、ウィークリーマンションのようなアパートメントですので、生活に必要な家電製品はほぼコンプリート。

 

思い出せる主なもの家電製品だけでも

  • 大型冷蔵庫
  • 洗濯機
  • 電子レンジ
  • IHコンロ
  • 電気ポット
  • 炊飯器
  • 電子レンジ
  • ドライヤー
  • 電気スタンド
  • テレビ

などなど…

 

もちろんWi-Fiも完備されており、通信状況も大人数で共有するタイプの「ホテルのWi-Fi」とは違い、サクサクと反応してくれて快適そのものでした。

 

 

調理器具や食器類に関しては充分すぎるほど、種類も豊富に揃えられていますので、グループ旅行中の「ちょっとしたパーティ」もできちゃう感じ!(ただ、お部屋のとなり近所は、旅行者ではなく普通に生活しているですので、深夜までの大騒ぎは厳禁ですよ!)

 

 

洗濯機が独占できるのは小さな子供連れの韓国旅行にはもってこい!

 

ほぼ、コンプリートされている生活家電の中でも、旅行者にとって特にうれしいのは「洗濯機」

 

寒さの厳しい冬場は衣類で手荷物も増えがち。洗えるものは旅行先で洗いながら使い回して、少しでも旅行に持っていく衣類を減らしたいのが本音。

反対に夏場の暑い時期は、動き回って汗だくになったTシャツなどを日本まで…というのは避けたいところ。旅先でもできることなら洗濯して、ガンガン着替えたいですよね?

 

「小さい子供連れの釜山旅行」となると、なおさら洗濯機のありがたさを痛感すると思います。韓国グルメは食べこぼしによる汚れの危険が高いものが多いですし。

 

最近では、共同の洗濯機が完備されているホテルも見かけるようになりましたが(高級ホテルより東横インなどのロープライスのホテルやゲストハウスなどの方が、むしろよく見かけますよね…)、独占的に利用できるのが『リー アパートメント D』のメリット。

 

【リー アパートメント D】の立地面は?

立地面でも『リー アパートメント D』 は言うことなしです!

 

ロッテ百貨店&ホテルから徒歩3分程度。

ロッテホテルの目の前の交差点を反対側に渡ったらすぐのところにあります。

 

周辺環境も文句なしに便利!ごく近くにコンビニ&24時間スーパーもアリ

『リー アパートメント D』の周辺には、バラマキみやげを購入するのに便利な食品スーパー『スーパーセンター』やコンビニの『CU』などが、徒歩数十秒のところにあってこれまた便利。

 

西面の中でもどちらかというと、外国人観光客が少ないエリアにある『リー アパートメント D』ですが、意外なほど便利な場所にあるのもおすすめポイントのひとつ。

 

 

【リー アパートメント D】の宿泊料は?

気になる『リー アパートメント D』 の宿泊料金は?というと…

 

 

平日の2名での宿泊なら5,500円程度

平日2名での利用でだいたい1泊 5,500円 程度(税・清掃料などの諸費用込み)。

 

西面のおすすめホテルなどと、平日料金を比較すれば『東横イン 釜山西面』『HOME HOTEL』とだいたい同じくらいか、少し安いくらい。

『釜山ビジネスホテル』『ソラリア西鉄ホテル釜山』などと比較すれば、かなり安い設定と言っていいのではないでしょうか?

 

 

グループ旅行の場合… 平日の4人利用で 7,500円程度。

グループ旅行でこの『リー アパートメント D』を利用した場合、平日の4名利用なら 7,500円程度(税・清掃料などの諸費用込み)。

最大7名での利用なら(平日)約9,000円(税・清掃料などの諸費用込み)程度と、少し笑いが出そうな金額。

 

いかがですか?

大人数で『リー アパートメント D』を利用する場合、ホテルでは比較対象がないくらいのハイコスパですよね?

 

それでも安い!休前日は2名での宿泊料は9,000円程度

一方、休前日の利用の場合はやっぱり宿泊料金は跳ね上がります。

2名の利用で約9,000円程度。4名での利用で約11,000円程度(ともに税・清掃料などの諸費用込み)となっており、平日料金をご覧になっていただいた後では少し

「うわっ!!」

という気持ちになられるかもしれませんが、それでも冷静になってみると破格の宿泊料金じゃないでしょうか?

 

4人でのグループ旅行で通常のホテル泊なら2部屋、おさえないといけませんので。(しかも2人+2人で別れて微妙ですし…)

休前日の予約は宿泊料金よりも予約が取れないことの方が問題…

土曜日などの休前日に『リー アパートメント D』を利用したいと思ったときに問題になるのは、跳ね上がる宿泊料金の問題よりも

「空室のタイミングがなかなかない」

という問題の方が深刻です。

 

これだけの魅力を備えた宿泊施設なので、人気があるのはもちろん何部屋もあるホテルとは違い、希少価値のある宿泊施設だけに、なかなか土曜日の空室を見つけることは困難なようです。

 

釜山旅行の日程が決まったらまず最初に、この『リー アパートメント D』の空室状況を確認することをおすすめしますよ。

空室さえあれば「モノ」自体は絶対におすすめできる物件ですので!

 

※上記、宿泊料金はすべて2019年3月に調べたものになります。宿泊料金は状況やタイミング等により変動することも多々あろうかと思いますので、ご参考程度にお考え下さい!

 

【リー アパートメント D】を利用する際の注意点

ここまで『リー アパートメント D』の魅力の部分を中心にご紹介させていただきましたが、もちろん注意点もあります。

 

一般的なホテルとは少し違った部分への注意も必要になってきますので、下記にあげさせていただく注意点はご理解の上、検討していただくようよろしくお願いいたします。

 

入室の仕方などのやりとりは簡単な英語

『リー アパートメント D』の予約は『ブッキングドットコム』などのサイトから、ということになるのですが、予約後にアパートの詳しい所在地や部屋への入室の仕方(タッチパネルへの暗証番号や入力の方法)などの案内は『リー アパートメント D』のオーナーから直接メールで案内が来るようになります。

 

ただし、その案内内容のメールは

韓国語&英語

簡単な英語ですので

A さん
内容が全く分からない…

などという心配はそれほど必要ないかと思いますが、西面のロッテ百貨店などを目印にアパートメントの場所の説明がされるので、「はじめての釜山」という方には少し不安になるかも。

 

そんな方は「Google翻訳」などの翻訳ソフトを使うと便利ですね。

どうしても「ホテル」とは違いそのあたりの「ちょっとだけ頑張らないといけない部分」というのは出てきます。

 

それでも、韓国で何度かこういったアパートメントタイプの宿泊施設にも宿泊経験のある僕イトウですが、今まで経験したアパートメントよりは、アパートメントの見つけやすさ(立地面)や玄関のタッチパネルの直感でのわかりやすさも共に、こういった施設に慣れていない方にもわかりやすいほうかとは思います。

 

日本語でメールを返信しても丁寧に対応はしてもらえる

もし、どうしても不安な時は「質問事項」として日本語で返信しても、オーナーからは返信をいただけると思います。(僕の場合は日本語メールにも返信がもらえました)

 

先方からの返信も「英語か韓国語」ということになりますが、翻訳ソフトさえあれば「(微妙な感情の)ニュアンスを伝える」ような種類のメールではありませんので、大筋の内容は充分に理解できると思いますよ。

 

洗濯機は洗濯機能のみで乾燥機能は無し?

次の注意点は付属設備の「洗濯機」

 

この洗濯機はなんとなく乾燥機もついているタイプのようにも見えますが、僕の見る限りでは乾燥の機能はついていないようでした。その分、部屋干し用の物干しスタンドは、ちゃんと完備されていますのでご心配なく。

 

シャンプー&リンスは「スポ狩り」以下の男子以外は使わない方が…

そして最後に注意点としてあげるのが

「シャンプー&リンス」

 

シャワールームに備え付けられているのは、リンスインタイプのシャンプーのボトルとボディソープのボトルの2種類。リンスインタイプだけにほとんど期待せずに試しに使ってみたところ…。

 

女性は絶対にやめた方がよさそうな感じ。

 

オトコにしては「長めの髪」の僕ですが、それでも所詮「男の中での長めの髪」

それでも、シャンプーを流す際の「指どおり」などは、ほとんど不可能なほどガチガチに絡まります。

 

速攻でシャンプーとトリートメントを購入に走りました。

 

スポ狩り以下の短髪の男性なら問題ないでしょうが、『リー アパートメント D』を利用する際にシャンプー&トリートメントは別途必要と思っていた方がいいでしょう。

 

持参するか?すぐ近くの24時間営業スーパーで調達するか?をおすすめします。

『リー アパートメント D』から徒歩数十秒の24時間営業スーパー『スーパーセンター』

今回は『ビートル』利用なので液体ですけど、コスパ的にお得なボトルを買いました

【リーアパートメントD】家族やグループでの釜山旅行なら…ホテルより格安&満足!のまとめ

いかがでしたか?

 

普通のタイプのホテルではない分、よく考えないといけない部分も多い「アパートメントタイプの宿泊施設」ですが、自分のイメージ通りのアパートメントに出会ったときの、普通のホテルでは味わえない満足感は是非皆さんにも味わっていただきたいところ。

 

そんなアパートメントタイプの中でも、この『リー アパートメント D』 はオーナーのホスピタリティや設備の充実度、スーパーやコンビニなどへのアクセスなどの立地面においても、かなりアパートメントデビューという方にも安心の宿泊施設。

 

次回の釜山旅行の宿泊先は、いつものホテルとは違ったこの『リー アパートメント D』もぜひ検討してみてください!

 

まとめ

西面のアパートメントタイプの宿泊施設『リー アパートメント D』 は…

 

 💡  最大7名まで宿泊できるウィークリーマンションのような宿泊施設

 💡  一般的な家電製品はすべて完備。暮らすように泊まれるのが魅力

 💡  立地も西面『ロッテ百貨店&ホテル』から徒歩約3分程度

 

 

今回も最後までご覧になっていただき誠にありがとうございました。

何かご不明点などがありましたら、下記コメント欄から何なりとお寄せ下さい。わかる範囲で丁寧に補足説明させていただきます。

 

 

スポンサーリンク

 

もしよろしければ《おすすめ記事》もあわせてご覧になってください!  

《おすすめ記事》

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です