【スーパーセンター】ロッテホテルから徒歩3分の24時間営業の食品&雑貨スーパー

 

【西面のショッピング】帰国便は明日のあさイチ。時刻はもう深夜。そんなときの「泣きのもう一軒」

 

 

釜山旅行の帰国日前日。

飲食店のハシゴに夢中で、まだバラマキみやげも購入できてない…。

 

短期スケジュールになりがちな釜山旅行では、他のスケジュールにおされて、バラマキみやげの時間が無くなる…なんてケースはよくある話です。

 

しぶしぶ、ホテル近くのコンビニで

A さん
やっぱコンビニって高いなぁ…

なんて思いながら、数少ない種類の商品の中でお茶を濁すなんてことは、韓国旅行あるあるのひとつ。

 

でも、もし宿泊先が西面(ソミョン)なら、ココに行ってみてはいかがですか?

なにせ、今回ご紹介する『スーパーセンター』は、365日24時間営業の雑貨もそろう「食品スーパー」

 

バラマキみやげに最適な韓国のお菓子や韓国のり、キムチなどもコンビニの比にならないくらい、豊富に品揃えされていてバラマキみやげ購入が目的の観光客には必要充分!

 

そんな『スーパーセンター』さっそくご紹介していきましょ~!

 

スポンサーリンク 

 

 

西面の『スーパーセンター』は「食品&生活雑貨のスーパー」

西面(ソミョン)の『スーパーセンター』は、現地・西面に住んでいらっしゃる方も通う様な食品スーパー。

 

西面の中心部にある食品スーパーだけに、少しだけ外国人観光客もターゲットに入れているのかなぁ?と思わせるような一角もありますが、客層のほぼほとんどが韓国人。

 

今まで西面エリアに宿泊した際に、何度か利用させてもらうこともありましたが、日本人らしき客に出くわしたことは皆無。地元に密着した韓国人客メインの食品スーパーだけに、他ではなかなか見かけることの少ない「ディープな韓国食品」を見かけることもありますよ!

 

意外に早いロッテ百貨店の閉店時間…でもスーパーセンターは365日・24時間営業!

今回の釜山旅行(=2019年1発目の釜山旅行)では、この『スーパーセンター』から徒歩数10秒のことろにある『リー アパートメント D』という宿泊施設を利用させていただいたので、便利に使わせていただいたのですが、それほど大規模なスーパーでもありませんので日本人観光客が、わざわざこの『スーパーセンター』を目指してやってくるというシチュエーションは限られます。

 

近くにロッテ百貨店もあり、さほど大きくもない、この『スーパーセンター』の魅力は?というとなんといっても…

「365日・24時間営業の食品スーパー」

という点!

 

釜山では一般的に夜遅くまで営業しているスーパー(=マート)などとは違い、西面のロッテ百貨店の営業時間は20:00まで。

 

西面エリア中心部のもうひとつのデパート『NC百貨店(デパート)』は、22:00まで営業しているものの、ロッテホテルやその周辺のホテル(釜山ビジネスホテルなど)に、泊まっている日本人観光客にとっては、思いのほか距離があってバラマキみやげを購入後、大きな荷物を持ってホテルに帰ることを考えると…。

 

自然に浮かび上がってくるのが、この『スーパーセンター』

なんせ24時間営業ですからね!

 

西面・ロッテから徒歩約3分

西面のランドマーク『ロッテ百貨店&ホテル』から『スーパーセンター』までは徒歩で約3分。

ロッテホテルの前の交差点を、尋常じゃない交通量の片道3~4車線の道を渡って、そのまま直進すると1分も歩かないうちに右手に見えてきます。

 

【MAP】

 

 

『釜山ロッテホテル』を確認するならコチラ!

 

💡 ホテルの詳細を見るなら…
【楽天トラベル】

💡 格安料金を探すなら…
【agoda】

 

 

大きくはないけどバラマキみやげ購入なら必要充分!

繰り返しになってしまいますが…

『スーパーセンター』の品揃えは?と言われると、残念ながらそれほどでもありません。

 

しかし、日本人観光客に人気のお菓子や韓国のり、ラーメンやキムチなどはコンビニとは比べ物にならないくらい揃っていますので、バラマキみやげ選びには、必要かつ充分な品ぞろえです!

 

『スーパーセンター』は地元密着店。だから激安品もアリ!

『スーパーセンター』は地域密着型の韓国人客の比率が非常に高いスーパー。

なので、思わぬ激安アイテムに出会えたりもします!

 

店員さんも外国人観光客には不慣れ…

 

『スーパーセンター』の店員さんは日本語はほぼ通じないと思っていた方が賢明です。そのあたりは若干、準備と心構えが必要かもしれせんね💦

 

「ショッピングバッグ持参」をおすすめします

10個で約400円! 10個もいらんがな…って、そりゃそうですが、安いでしょ??

 

『スーパーセンター』を利用するにあたって、ひとつ気を付けたいのが「ショッピングバッグ」(買い物袋)

 

韓国では食品スーパーの買い物袋は有料なのですが、この

店員さん
買い物袋はいりますか?

というやりとりが、日本人観光客に慣れていないコチラの『スーパーセンター』の店員さんと韓国に慣れていない日本人観光客の間では、わずらわしかったりします。

 

あまり必要でもない、買い物袋を有料でもらうやりとりをするくらいなら、買い物袋かリュックを用意していった方がよほど気持ちも楽ですよ。

 

韓国のスーパーでのショッピングは
ショッピングバッグ持参が基本!

今さら?

でも…やっぱり便利な
『anello』のリュック!

 


Amazon 『anello』のページへ

【スーパーセンター】ロッテホテルから徒歩3分の24時間営業の食品&雑貨スーパーのまとめ

いかがでしたでしょうか?

 

西面中心部の中でも比較的、観光客の少ないエリアにある『スーパーセンター』ですが、365日24時間営業というハードなスケジュールをこなす観光客にとっては、ありがたい特徴のある食品&雑貨スーパー。

 

もし、釜山旅行最後の夜に、まだおみやげ物が買えていない…

というときには、是非検討してみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

西面の食品スーパー『スーパーセンター』は…

 

 💡  365日・24時間営業のコンビニ使いができる格安スーパー

 💡  コンビニに比べると商品も豊富

 💡  ロッテ百貨店&ホテルからも徒歩約3分

 

 

今回も最後までご覧になっていただき誠にありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク

 

もしよろしければ《おすすめ記事》もあわせてご覧になってください!  

《おすすめ記事》

はじめて! ~釜山~ 釜山のおすすめをてん...
カテゴリー 「」
http://ken110.xyz/category/kaimono-2/shopping-spot/
(件数:0)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です