釜山港~地下鉄・中央&釜山駅&草梁までのシャトルバスの乗り方

 

釜山港~地下鉄の各駅までの料金は1,200ウォン(約120円)!

 

今回の釜山旅行(2019年2月)の初日。

しっかりと降り続ける雨にたたられ、いつもひとり旅の時は、徒歩で釜山駅(もしくは草梁駅)まで向かうことが多い僕・イトウですが、さすがに…

 

徒歩は断念。

 

家族や友人とのグループ旅行の時は、タクシーで向かいますが、本日の目的地「西面」(ソミョン)までは、格安なタクシー料金でおなじみの韓国でも、10,000ウォン弱(多分8,000ウォンくらい・約800円程度)ほどかかっちゃいますので、地下鉄で西面に向かう場合(2,600ウォン・約260円)とは比べると…

 

「お昼ご飯・1食分」くらい違っていきます。

 

☟2019年1回目の釜山旅行・1日目の旅行記についてはコチラ☟

 

あらためまして

『はじめて~釜山~』管理人・伊藤健太です!

 

ってことで、今回は釜山港からの巡回バス&地下鉄で西面に向かうことに決定!

久しぶりの「バス利用」ということで少しばかり緊張感が走りますが…

 

それでは早速、釜山港の巡回バス(シャトルバス)の乗り方を体験記でご紹介します!

 

スポンサーリンク 

 

 

釜山港と地下鉄の駅をむすぶ「巡回バス」がとまる停留所は?

まず、この釜山港と釜山港の近場の地下鉄の各駅をむすぶ巡回バス(シャトルバス)が、連絡している地下鉄の駅は

  • 中央駅(チュンアンヨク)
  • 釜山駅(プサンヨク)
  • 草梁駅(チョリャンヨク)

の3つ。

 

南浦洞方面(南浦駅・チャガルチ駅)に向かいたい場合は「中央駅」

西面方面(ソミョン・西面駅)や海雲台方面(ヘウンデ・海雲台駅)に向かう場合は釜山駅」、もしくは草梁駅」で降りるのがおすすめ。

 

釜山駅の停留所は釜山港国際旅客ターミナルを発車してから最初の停留所の「釜山駅裏門」「釜山駅正門」がありますが、「裏門」は地下鉄釜山駅までかなり歩きますし、道順もややこしいですので、「正門」までバスで行かれることをおすすめします

 

 ➡  360℃回転キャスターで移動も楽々!しかも圧倒的低価格のスーツケース!

 

乗り場は釜山港の建物を出てすぐにアリ!

釜山港の巡回バス(シャトルバス)の乗り場は、建物を出てすぐのところにありますので、分かりやすいと思いますよ。

 

バスが発車時刻を待つために釜山港に停車している時間も結構長いので、バス停を探すよりも「真っ青のちょっとかわいいサイズ」の、このバスを探した方が早いかもしれません。

 

 

 

 ➡  突然の雨… スーツケースの片隅に1~2枚入れておくと、絶対に「良かった」と思う小物がコレ!

 

運賃は「現金払い」なら1,200ウォン

 

運賃はどこで降りても一律で1,200ウォン(現金払いの場合)。西面までの地下鉄代(1,400ウォン)と合算すると2,600ウォン(約260円)ということになります。

 

運転席のすぐ隣に運賃箱があるので降りる時に入れるシステムになっています。

 

初めての釜山旅行の方は小銭を準備しておくとスムーズ

 

初めての韓国(釜山)という方は、釜山港で多少の両替かATMでウォンを調達していらっしゃると思いますが、現金払いの場合は1,200ウォンと硬貨も必要になってきますので、あらかじめ釜山港内のセブンイレブンなどの買い物で小銭を準備しておくとスムーズです。

 

交通カード「キャッシュビー」を調達すると便利でお得

 

実は、現金払いよりおすすめなのが「キャッシュビー」や「T-money」などの各交通カードの調

 

韓国の地下鉄などの公共交通機関は、交通カードの利用時の恩恵が日本以上。賢く使いたいこなしたいところ。

 

この交通カード(キャッシュビーやT-money)は、釜山のほとんどのコンビニで調達できますし、もちろん釜山港ターミナル内に2軒あるセブンイレブンにも置いてあります。

この場合はレジでチャージをしておくことをお忘れなく!

 

所要時間は7~15分程度とあっという間

釜山港国際旅客ターミナル(釜山港)から地下鉄の各駅までの所要時間は以下の通り。

 

 

  • 「中央(チュンアン)駅」までは 7分
  • 「釜山(プサン)駅」までは 12分
  • 「草梁(チョリャン)駅」までは 15分

 

程度とあっという間。

 

巡回バス「釜山駅正門」の停留所の雰囲気。地下鉄「釜山駅」への降り口はすぐそこ!

 

 ➡  Amazon 「スーツケース カテゴリ・ベストセラー1位」のスーツケースはコチラ!

30分に1本という便数が若干不便…

 

ひとつ難点は便数が30分に1本と少しばかり不便のところ。

 

日本人はあまりバスを使いたがらない傾向が強いため、客はそれほど多くない事が多いようですし、バス停にあまり並んでいないようでしたら巡回バス(シャトルバス)は、便利でおすすめですね。

 

 

 💡 韓国では花粉対策は不要ですが…【PM2.5対策】はしっかりと❢

 

【コツ】初めてで不安の方は運転手さんに降りる駅を伝えておくと吉!

まさかのピンボケ写真…。本当に申し訳ありません。ナントカ参考になりますか?

 

運転手さんは日本語はNGながらさすがに釜山港国際旅客ターミナルの巡回バスだけあって日本語による案内も豊富。

 

運転手さんにも可能であれば「指さし」などで「ここで降りたい」という意思表示もできました。実際。意思表示をしておけば「ココだよ」と親切に合図をしてくれました。

 

釜山港~地下鉄・中央&釜山駅&草梁までのシャトルバスの乗り方のまとめ

 

いかがでしたか?

 

今回は雨模様でしたので巡回バスを利用しましたが、冒頭でもお伝えした通り僕は雨さえなければ徒歩で釜山駅まで向かいます。徒歩で向かった場合の所要時間は20分程度。

 

天気のいい日などは、最寄りの地下鉄駅まで、徒歩で向かうか?巡回バスを使うか?目的のエリアまでタクシーで行くか?なかなか微妙なところですが韓国の路線バスに苦手意識のある方にも、意外に使いやすくっておススメですよ!

 

まとめ

釜山港国際旅客ターミナル~最寄りの地下鉄の各駅までの巡回バス(シャトルバス)は…

 

💡  料金は一律 1,200ウォン(約120円)

💡  所要時間は7~15分程度

💡  ルートもシンプルなので韓国のバスに苦手意識がある方やはじめての方にも利用しやすい!

 

 

今回も最後までご覧になっていただき誠にありがとうございました。

 

何かわからないことがありましたら下記コメント欄より何なりとご質問くださいネ!

 

 

スポンサーリンク

 

もしよろしければ《おすすめ記事》もあわせてご覧になってください!  

《おすすめ記事》

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です