【福岡⇔釜山】初めての「お試し・1泊釜山旅行」は南浦洞界隈へ!

 

渾身の「お試し釜山体験1泊2日」モデルプランできました!

 

こんにちは!

 

今回は日本から非常に近い釜山だからできる楽しみ方「お試し・釜山旅行」のモデル・プラン等について語っていきたいと思います。

 

「お試し・釜山旅行」とは?

海外旅行の旅行先に対する好みは人それぞれ千差万別ですよね?

 

かく言う僕・イトウも、もともとは韓国や釜山に興味があったわけではありません。

「とにかく海外旅行がしたい!」

「海外という名の付くとこに行きたい!」

という理由から、一番気軽に訪問できそうな『釜山』への旅を初体験して以来、約10数年で釜山訪問回数は何十回…。要は自分自身に「刺さるかどうか?」なんて行ってみないと分からないってこと。

最初から「釜山狙い」というわけではなく…

 

なので、このブログを読んでくださっているユーザーの皆さんの中で、釜山旅行が未経験で「いってみようか?どうしようか?」悩まれている方がおられましたら是非、気軽に釜山を初体験してみていただきたいんですね!

 

なんせ「コスト&スケジュール」でも国内旅行と同じような感覚で楽しめるのが釜山の最大の魅力ですから!

 

そんな釜山を初めて体感する際におすすめしたいのが今回ご紹介する

「お試し・釜山旅行」

 

「とにかく気軽に!悩むくらいなら行っちゃおー!」というのがコンセプト。

 

旅程は気軽さ重視で1泊2日の「お試しプラン」 釜山が自分の肌に合えば次回はちゃんと計画を立てて「本格・釜山旅行」へ移行。

 

「本格・釜山」に至る序章「お試し釜山」…

こんな感じのご提案です!

 

スポンサーリンク 

 

【福岡⇔釜山】のお試し釜山旅行はビートル&南浦洞界隈の観光

今回は福岡発での初めて釜山旅行をシミュレートしてみます。

 

なぜ福岡発限定で話を進めるかというと…

今回はJR九州高速船「BEETLE(ビートル)」利用を前提に話を進めたいから。

 

「ビートル利用を前提にさせていただいた理由は?」というと…

ビートルなら土・日・祝などを絡めた旅程でも平日と大きく料金が変わらないからです。

 

「お試し・釜山旅行」ではコスト&スケジュールがとにかく国内旅行並みという釜山の魅力を最大限に活かすために

「通常の土・日でも行ける…そして土・日でも安いルート」

に限定してお話をすすめさせていただきます。

ビートルなら「いつでも安く行ける」

 

※飛行機利用でも旅行の「ハイシーズン」を外せば土・日の利用でもビートル並みの価格で往復できる便がLCCを中心に増えてきました。ですので、釜山行きのLCC便が多く発着している「成田」・「関空」・「福岡」の各空港に気軽なアクセスが可能な場所にお住まいの方は飛行機を使った「お試し・釜山旅行」は季節によっては可能になってきていると思います。それは別の回で詳しくご紹介させてください!

 

「お試し・釜山旅行」の観光エリアはあえて南浦洞(ナンポドン)限定がおすすめ!

1泊2日での「お試し・釜山」の場合は、観光するエリアを広げずに、あえて1つのエリアに絞ることをおすすめします。

 

初めての釜山でしたら、人気スポットから順番にいろんな釜山を体験・経験したくなるのはよくわかりますが…。あっちもこっちも行っていたら当然のことながら1泊2日では時間が足りません。

 

僕は釜山の雰囲気をひととおり体験できて「釜山のマスト」の観光スポットもしっかりおさえることのできる「南浦洞(ナンポドン)」エリア、1か所の訪問に絞って見ることをおすすめします。

 

 

南浦洞中心部に「おすすめ級のホテル」の存在を知って俄然「ナンポ推し」

南浦洞(ナンポドン)は『釜山最大の繁華街』とも言われ、観光客にも非常に人気のエリアではあるんですが、正直に言うと以前はあまり「はじめての釜山」という方に南浦洞(ナンポドン)を拠点にすることをおすすめしていませんでした。

 

その理由は「南浦洞にはコスパに見合う、おススメできるホテル」が少なかった(知らなかっただけかも…)からなんですね。

 

もちろん南浦洞も釜山を代表する繁華街なので、ホテルなどの宿泊施設はあるものの「安くて満足!」と思うようなホテルは、少し南浦洞の中心部からは離れていたり、「この設備(サービス)でこの値段は微妙だなぁ」と感じるような経験が多かったもので「はじめての釜山」の方には西面(ソミョン)を宿泊を含めた拠点にされることをおすすめしていました。

以前は“西面推し”でしたが…

そんな折、ふと知り合いの方から「ホテル フォーレ プレミア 南浦」の存在を教えていただいて以来、「はじめての釜山・お試し釜山」の旅行者の方にも自信をもって南浦洞拠点でのプランをおすすめさせていただくようになりました!

 

『フォーレプレミア南浦』の詳細を確認するならコチラ!

 

【楽天トラベル】☞『フォーレプレミア南浦』

💡 施設詳細&クチコミを確認するなら「楽天トラベル」が見やすくておすすめ!

 

 

① 土曜日 「AM 8:30・博多港出航」のビートルに乗船

2018年8月現在、通常期間のビートル博多港発の始発はAM8:30。

なのでAM7:30くらいまでの博多港着で今回の旅はスタート!

 

ビートルの運利会社JR九州高速船は出航60分前までの博多港着を推奨

気を付けていただきたいのはAM8:30の出航ではありますが、AM8:30出航の場合、運営会社のJR九州高速船では

  1. 出航60分前までに博多港着
  2. 出航45分前までにチェックイン
  3. 出航30分前までに出国審査完了
  4. 出航15分前までに乗船口集合

以上のスケジュールを推奨しています。

ただ、これはあくまでも運営会社の理想を綴っているもの。チェックイン・カウンターは90分前から、開いていることが多いものの利用者サイドからすれば特別なメリットがない限り「拘束時間」は短くしたいもの。特にビートルはチェックインを早めに済ませたからといって、出国審査の開始で待たされるケースが多いので早めのチェックインで得られるメリットは気になるところ。

 

ビートルは博多港へ「60分前集合」推奨

やはり福岡空港とは違って、免税店なども「売店」程度の規模ですので出国審査も急いで通過するメリットも少ないですし…このあたりの話は長くなりそうなので別の回で書いていきたいと思います。

 

「一番お安いサイトから予約しませんか?」
釜山旅行のお得なホテル探しなら…

『トリバゴ』


② 11:35 釜山港着 12:00頃に入国審査を無事通過!

ビートルは「11:35分・釜山港着」の予定になっています。

 

よほどのことがない限りビートルも大きな遅延等が出ることは少ないので、ほぼこの時間帯に釜山港に到着できると思っていてOK!最近は以前とはうって変わりビートルの乗船客は韓国人比率が高くなってきている印象で、韓国人と外国人にゲートをわけられている釜山港での入国審査も比較的スムーズに通過できることが多いように感じます。

 

12:00頃 入国審査を通過

 

③ 12:00~12:30 釜山港で「Wi-Fi」などをスタンバイ!

博多港の大きさと比べるとその規模に圧倒される「釜山港国際旅客ターミナル」

 

しかし…。大きいわりにそんなに「見どころなどは皆無…」 ただ、到着直後の釜山港でやらいといけない事(やっておいた方が後々スムーズな事)は以下の通り。ベンチなども空いており比較的「ゴソゴソ」しやすく、人通りもまばらなことが多いのでそれほど、神経質になることもないのですがそこは「外国」防犯対策の意識はしっかり持って以下の事を準備してください!

 

・Wi-Fiなどのスタンバイ

僕の場合は韓国旅行の際は通信機器は「Wi-Fiルーターのレンタル」一本。

 

SIMフリー携帯などは準備しないものの、日頃から家族とは「メールかライン無料通話&メール」でのやり取りなので、それほど困ることはないですね。初めての韓国旅行の方は「Wi-Fiルーター」も少しばかり割高になっても日本で準備した方がいいと思います。

着いたらまずWi-Fiなどのセッティング

やはり、韓国でのWi-Fiルーターのレンタルは、品質では問題ないものの、やはり使い方で困るケースがあるかもしれません。なかなか日本で出回っている日本人が「直感的にわかる」デザインとは少し違ったりすることがあります。釜山旅行or韓国旅行自体に慣れてくれば現地での「ルーターレンタル」でも大丈夫かと思いますが…。

 

「最初のうちは「Wi-Fi」は日本で調達していった方が…」

とおすすめしています。

 

またまた脱線しましたが、日本ですでに準備してきたルーターがあるならここでスタンバイ(各機器の接続)を。

 

現地でレンタルするなら「釜山港」にも通信各社のカウンターがありますのでそちらでレンタルできます。ちなみにカウンターでの所要時間は順番待ちを除けば15分程度でしょうか。

 



・さしあたりの両替を最小限で

以前もご紹介した通り、港や空港での両替はホントにびっくりするくらいレートが悪いことが多いので、おススメはしないけれども「はじめての釜山旅行(韓国旅行)」の場合、無一文ならぬ、無一ウォンではさすがに地下鉄にも乗れない…。

 

なので、ここ釜山港ではグループの代表者が1万円分だけ両替することをおすすめします。

 

今回、ご紹介します「南浦洞(ナンポドン)」は街中にレートが良い(事の多い)「公認両替所・密集エリア」もありますので港での両替はグループで最小限で大丈夫!

 

はじめての釜山旅行…両替についてはコチラもぜひ!

 

ちなみに僕・イトウは釜山港のATMでキャッシングします

いろいろ海外では「トラブル」などのイメージも付きまとう【クレジット・カードによるキャッシング】ですので強くおすすめはしませんが、僕は釜山港のATMでキャッシングします。レートも有利ですしATMでのキャッシングなら「港の不利」もありませんので、ここでいったん今回の旅行予定分の金額を調達します。

 

※といっても韓国では特に、クレジットカードを積極的に利用しますのでATMでのキャッシングも「少なかったかなぁ」程度にとどめますが。ウォン札を手にしちゃうと無駄遣いしちゃいますしね…

12:30~12:45 タクシーで南浦洞の「ホテル フォーレ プレミア 南浦」に移動

さて、釜山港でひと通りの準備を終えたらタクシーで一路、南浦洞へ!

 

本日の宿泊予定(おすすめ宿泊施設)の「ホテル フォーレ プレミア 南浦」は南浦洞の中心部ですので、ひとまず大きい荷物は預けちゃいましょう。チェックインは15:00~ですのでお部屋にはまだ入れませんが「荷物の預かり」はしてもらえます。

 

『フォーレプレミア南浦』を確認するならコチラ!

 

💡 ホテルの詳細を見るなら…
【楽天トラベル】

💡 格安料金を探すなら…
【agoda】

 

 

13:00~ 《昼食》カジュアルなキムチチゲの名店「チョンソンシッタン」へ

さぁ、本格的な旅行のスタート!

 

まずは韓国の味を体験してみましょう!おすすめは…

平日なら中央洞(チュアンドン)の「カンジャンケジャン」のランチをおすすめしたいところですが、今回は土・日の設定なので南浦洞にあるカジュアルなキムチチゲの人気店

「チョンソンシッタン」

などはいかがでしょうか?

 

 

カフェのような雰囲気の店内と本格的に熟成した本場の「酸っぱめキムチ」を使ったキムチチゲは日本で食べる其れとはやはり一味違います。

 

「ホテル フォーレ プレミア 南浦」からは徒歩圏内です。しかも「チョンソンシッタン」に向かう道すがらには「BIFF広場」「国際市場」なども通ります。このタイミングでは素通り推奨ですが、食後にはぜひ立ち寄っていただきたい人気の観光スポット。

 

下見がてら雰囲気だけでも感じておくのは、今後の観光にも有効です!

 

14:00~ 「国際市場」などを通りながら光復路を「ロッテ百貨店」に向けて

さて、お腹もいったん満足したところで次はショッピングです!

 

南浦洞(ナンポドン)のメインストリート・光復路をロッテに向けて散策開始です。

光復路にはアパレル系だけじゃなく…

この光復路沿いの街並みはなんとなく日本の繁華街にも似ている雰囲気でお買い物もしやすい雰囲気のお店が多いのが特徴。「ああこういう感じなら日本にもあるし、日本で買うわぁ」なんてことをおしゃらずに気になるお店はどんどん覗いてみてください!

 

たとえば同じスポーツブランドでも日本では見かけないラインナップを見かけることも多く、セールも盛んにおこなわれているので思わぬ掘り出し物に出会うこともあります。光復路沿いの各ショップなら「バッタ物をつかまされる…」なんて心配も少ないですので安心ですし。

 

15:30~ ロッテ光復店到着 地下のフードコートも充実なので休憩もはさみながら…

お昼ご飯でおススメしました「チョンソンシッタン」は光復路のほぼ端っこの位置。そして目的地のロッテ百貨店・光復店は反対側の端っこにあります。

 

チョンソンシッタンから歩いてロッテに向かえば「光復路はほぼコンプリート」

ひたすらただ歩けば所要時間は10分ちょっとの行程ですが、ウインドーショッピングなどもコミで90分とってみました。

 

このロッテ百貨店・光復店は噴水ショーなども有名な百貨店。釜山全体的な中での「位置づけ」とするとやはり「高級路線」の商品構成です。ひと回りしていただくのもおススメですが、とくに立ち寄っていただきたいのは地下の食品売り場&フード(軽食)エリア。

 

韓国のデパ地下の特徴としては各お店にカウンターなどが併設されており、その場で簡単な飲食が可能な事。フレッシュなスムージーなどで休憩しながらゆったり過ごしてください!

 

17:00 ホテルにチェックイン

さて、時間もいい時間になっているはずですので、ホテルへチェックインに向かいましょう。

 

ロッテからホテルは徒歩5分程度です。

ホテルに到着したら次の予定は「チャガルチ・シジャン」での夕食です。それまでは疲れ具合やおなかのすき具合などと相談しながらゆっくりしてください。

18:30~ 「チャガルチ・シジャン」で韓国式海鮮料理をほおばる!

さぁ今回の旅のメインのひとつ。チャガルチシジャンでの夕食です。

 

このチャガルチシジャンでは「1階で魚をえらんで2階で食べる」というスタイル。

 

1階の各お店の中から気軽に話が出来そうなお店をえらんで人数と予算を伝えてみましょう。後は好みや「絶対に食べたい魚種」などを伝えると店員さんが魚を見つくろってくれますよ!

 

➡ 釜山グルメのおすすめオプショナルツアーはコチラ!

21:00~ 韓国の夜はこれから!「BIFF広場付近」には屋台も並ぶ!

「チャガルチ・シジャンでの夕食がメイン」とはいうものの、「腹5~7分め」程度にしておいてくださいね!

 

釜山の…南浦洞の夜は長いですよ!

BIFF広場・屋台の名物と言えば「ホットク」

さらに体力と胃袋の残スペースに余裕のある方はBIFF広場周辺に繰り出してみましょう。

 

チャガルチシジャンからは徒歩5~7分程度。ホテルからは3分程度です。釜山を代表するB級屋台グルメ「ホットク」などの屋台もたくさん出ています!

 

《2日目》 9:00~ ハナロマート(農協)でゆっくりスタート

ホテルのチェックアウトは11:00まで。できればバラマキ系や食品系のかさばる荷物はチェックアウトのタイミングまでにスーツケースへの荷造りをとっとと終えたいところ…。

 

そこで2日目のスタートはホテルから大通りをはさんですぐのハナロマート(農協)からスタート。

 

農協系のスーパーマーケットですが、韓国の食品系のアイテムがひと通りそろっています。お菓子やラーメン・韓国の調味料など、「おみやげにしたいアイテム」が安価でてんこ盛りです。

 

ここで食品系のおみやげは一通りそろえちゃいましょう!

 

ちなみに営業時間は朝8時から23時までと、とっても便利!

 

11:00~ ロッテ光復店で荷物を預けて…ラストショッピング&ランチ

帰りのビートルは15:30 釜山港を出港予定。

 

60分前14:30くらいには釜山港へ行くとして…。残り3時間。

僕ならこの3時間は「国際市場」か「ロッテ光復店(百貨店)」へ再訪しますかねぇ。なんせ、百貨店は「荷物の預かりサービス」がありますんで、チェックアウト後でどうしても大きな荷物を抱えがちな、この3時間少々はこのサービスが非常にありがたい!

 

ちなみにロッテ光復店の「荷物預かりサービス」の受付はB1F(食品フロア)にありますよ。

 

 

『スーツケース…買わなきゃ』
1泊~2泊がメインの釜山旅行は【買うより借りる】が便利でお得!

即日発送可能!【アールワイレンタル】

 

14:00過ぎ~ 釜山港国際旅客ターミナルへタクシーで

南浦洞のロッテ光復店から釜山港国際旅客ターミナルへはタクシーで。

 

行きと同様、所要時間10分もかからないと思いますが、港では「レンタルWi-Fiルーター」の返却などある方はその作業もありますしね。少し余裕をもって向かいたいところ。

 

それと、釜山港国際旅客ターミナルの免税エリアはつい最近、きれいになりまして!規模も以前よりはかなり大きくなりました。博多港と比べても大きめです。空港と比べるとやはり「…」な部分は否めませんが、少し早めに出国審査を終えて、ブラブラしてみるのもいいかもしれせんね!

 

18:35 博多港着

博多港には18:35分着。

 

この時間に博多港につければ自宅に帰ってゆっくり休めますし、明日の仕事にもそんなに影響はないですよね?なかなかいい「1泊2日」じゃないですか?

 

【福岡⇔釜山】初めての「お試し・釜山旅行」は南浦洞界隈へ!のまとめ

いかがでしたか?

 

我ながらなかなか「渾身のモデルプラン」です。うんうん。

 

やっぱり南浦洞に「おすすめできるレベル」のホテル(=「ホテル フォーレ プレミア 南浦」)の存在が大きいですね。「ホテル フォーレ プレミア 南浦」をベースにすれば、ほんとにコンパクトにそしてフルに南浦洞を…そして釜山を体験できます!

 

『フォーレプレミア南浦』の格安料金を探すならコチラ!

 

【agoda】☞『フォーレプレミア南浦』

💡 アジアのホテル格安料金を探すなら「agoda」がおすすめ!

 

釜山に…韓国に…って迷っておられる方は悩むくらいなら、是非、行っちゃってみてください!

 

今回も最後までお付き合いいただき誠にありがとうございました!

 

 

スポンサーリンク

 

 

もし時間に余裕がおありになれば以下の《おすすめ記事》も是非!

 

《おすすめ記事》

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です